スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド

<オークランド>

2008年日本脱出を試みました。
海外就職プログラムにて、ニュージーランド・オークランド市へ。

Work Permitが取れて、子供も現地の小学校へ入れました。第一目的は当然英語教育です。

オークランドは、NZ最大の人口100万人以上の都市(首都はウエリントン)です。でも何だか、これで国内最大の都市って感じ(--);
NZは移民の国です。NZを選んだ理由は、ただ1つ、ビザが一番取得しやすい国だからでした。これが、成功のようで失敗だったのかもしれません。

オークランドなどは、街中を歩くとインド・パキスタン系人、中国人が本当にたくさんいます。あるキーウィ(NZ人)に聞いた話ですが、「この国の若者は皆んなイギリスやオーストラリアに出て行ってしまう。それで、結婚するか退職して自分の国に戻ってくる、」と。

先進国なのでしょうが、やっぱり農業国で、いろんな面で意外と遅れている感じでした。また、アメリカ滞在経験のある者にとっては、英語の言葉も当然そうですし、いろいろな面で物足りない感じでした。(アメリカでも田舎に住んでたのですが。)

今、世界の英語はかなりハリウッド英語がメジャーですからね、、。

NZ人の人たちも、何となくアメリカ・イギリス・オーストラリアには引け目みたいなものを感じているように見受けられました。アメリカ人もNZ人も元の元をたどればイギリスになるのでしょうが、長年の文化や国際的な状況の中で全く違う性格の人種になったのでしょう。(と言っても、アメリカの元の元はピューリタンか、、。)

それから1つ、オークランドの中心部の週末のバーなんてかなり寂しいんですよ。トホホです。

あるブルガリア人青年に会いました。中古バイク屋でアルバイトをしてた大学生です。で彼も、実はこのNZはオーストラリアへの移住のステップなのさ、って言ってました。NZの永住権を持っているとオーストラリアへの移民申請の際に有利になるらしいです。また、知り合いのオーストラリア人はキーウィ(NZ人)を皮肉って「Country Pumpkin」なんて呼んでました。

結果としては、何となくNZは、地球の過疎地、移民で成り立っている国というイメージでした。アメリカ&ヨーロッパと比べてた自分が間違っていたのです。最終的に、日本は好きではないですがNZにずっと住むよりはマシかなという考えに至り帰国しました。

「NZが始めての外国」なんて人には、結構おすすめできると思います。旅行や長期・短期滞在にもイイと思います。 NZは自然がキレイでいっぱいです。人々も素朴で親切な人が多いです。自然大好き派にはたまらない国でしょう。(ちなみに自分はキャンプ大好き派なのですが、、。)でも紫外線対策は忘れずに。。。

以上、一個人的意見でした。


グレンイネス小学校
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クーオン

Author:クーオン
(*写真&コンテンツの無断転用を禁止します。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。